逃げるは恥だが役に立つ原作1巻【みくりが面白すぎてツボ】漫画ネタバレ感想

漫画『逃げるは恥だが役に立つ』

 

主人公の森山みくり25歳は

就職活動で内定がもらえず

大学院に進んだもののそこでも内定がもらえず、現在求職中の身。

「逃げるは恥だが役に立つ原作1巻【みくりが面白すぎてツボ】漫画ネタバレ感想」の続きを読む…

食糧人類2巻【完全なる増殖種に涙が止まらない】漫画ネタバレ感想


漫画『食糧人類』2巻最新19話を読みました。

子供のナツネに対して『完全な増殖種』と呼ぶ

施設関係者の津島が出て来ます。

ナツネと施設の関係が明らかになります。

 

食糧人類|あらすじ

 

ナツネの子供時代の話で

 

ナツネが普通の子供とは違うことが

描かれています。

 

見た目はもう5歳児並みなのに

まだ生まれて2年しか経っていないナツネ

 

 

怪我をしてもすぐに治ってしまう

不思議な体

 

 

そして外には一人で出てはいけない理由

 

 

そして部屋から出てこなくなった

ママの正体とは?

 

無料試し読みはまんが王国で

できますよ。

 

登録不要で読めるので

とっても便利です。

 

 

まずは無料で読んで見てくださいね。

 

>>まんが王国はこちら

 

『食糧人類』で検索すると出て来ますよ。

 

食糧人類2巻【完全なる増殖種に涙が止まらない】漫画ネタバレ感想

 

ナツネママが部屋から出てこなくなり

ナツネは外にも出れずに

食べ物もなくなり動けない状態です。

 

そこに現れたのが警察と

そして『ゆりかご』の関係者でした。

 

 

ナツネママは2年前に施設から

逃げ出してナツネを出産して育てていました。

 

 

しかし、不完全な増殖種のママ

体の崩壊によって身動きがとてなくなり

見つかってしまったのです。

 

ゆりかごの津島は

 

ナツネは完全増殖種で

人間の未来を救う可能性がある

と言っています。

 

 

ナツネの体は超再生能力があり

怪我をしても体が千切れても

死なないどころか

再生してしまうのです。

 

 

そのナツネを施設に連れ戻そうとする

津島に対して、死にかけのママが

最後の抵抗を見せます。

 

 

愛する子供のためにまさに最後の抵抗をして

ナツネを救ったママは

ナツネに逃げろと言い残し

 

 

そしてナツネは覚悟を決めて

警察とゆりかごの関係者から逃げるために

ある行動に出るのです。

 

>>まんが王国はこちら

 

食糧人類|無料試し読み

 

まんが王国トップページに入ったら

検索窓で『しょくりょう』と入力して

『検索』をタップします。

img_2019

 

 

食糧人類が出てくるので

タイトルをタップします。

img_2020

 

 

『無料試し読み』をタップします。

img_2021

 

 

『ウェブで読む』をタップします。

これでスマホですぐに漫画を読むことができますよ。

img_2022

 

まんが王国はこちらから