6000ーロクセンー1巻【深海施設を詳しく考察】漫画ネタバレ感想

漫画『6000ーロクセンー』を読みました。

サラリーマンの門倉は

勤めている会社が

中国企業に買収されて

予想外の現場へ送られます。

 

6000ーロクセンー1巻|あらすじ

 

水深六千メートルの深海に建設された

「コフディース」です。

 

安全を優先する現場と

会社管理側との間で

謎の事故が起きてしまいます。

 

人気コミック「6000ーロクセンー」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「6000ーロクセンー」で検索!

 

6000ーロクセンー1巻|ネタバレ感想

 

深海施設の「コフディース」が

素晴らしいと思いました。

 

 

水深六千メートルの海底に

七つの居住用施設と二つの

柱型構造物があるわけですが

非常にリアルな設定になっています。

 

 

実際に深海に建造物を建設するならば

いくつかの部分を独立させて

リスクを分散させるのは当然です。

 

 

ひとつの施設が壊れてももう一つの

施設に退避すれば人命は助かるのです。

 

 

各施設を独立させるということは

緊急時には通路が閉じる

ということを意味します。

 

 

施設内には一瞬で五重に

ロックされる隔壁があります。

 

 

これは海水が流入した時に

隔壁を緊急閉鎖して

他の施設を守るための構造です。

 

 

電車の連結部の通路ぐらいの

せまいスペースです。

潜水艦などにも共通する構造で

それ自体は普通なのですが

問題は自動で強制的に閉まることです。

 

 

人の存在に関係なくというセリフから

分かる通りに隔壁内を移動中の

人間がいても無視して自動扉は閉まります。

 

 

しかも一瞬ですから逃げようがないのです。

閉まる前にブザー的なものは鳴りますが

危険性をあまり知らない現場の

エンジニアが押しつぶされる

事故が起きてしまいます。

 

 

 

深海施設とはどういうものなのかが

良く分かる設定でした。

 

 

球形の施設はメインスフィアと

サブスフィアに分かれています。

 

 

メインスフィアにはCCRという

コントロールルームのようなものがあり

他は居住施設などです。

 

 

三階に分かれているので

エレベーターで移動します。

 

 

エレベーターが少ないのは不安な作りですが

まだまだ建設途中で内装などが

未完成なのかなと思いました。

 

 

6000ーロクセンー 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「6000ーロクセンー」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「6000ーロクセンー」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

6000ーロクセンー4巻-4【日下部が出した生還する手段とは?】漫画ネタバレ感想

漫画『6000ーロクセンー』4巻を読みました。

 

再びバケモノが襲ってきているため

これ以上物資を探しまわるのは

厳しいと鮫島は意見をまとめました。

「6000ーロクセンー4巻-4【日下部が出した生還する手段とは?】漫画ネタバレ感想」の続きを読む…

6000ーロクセンー4巻-3【逃げ出せない絶望感と恐怖】漫画ネタバレ感想

漫画『6000ーロクセンー』4巻を読みました。

 

海底施設「コフディース」の

CCRは襲撃されて

犠牲者がたくさん出ました。

 

6000ーロクセン4巻-3|あらすじ

 

生き残った者で食糧などを

探しに行きます。

 

門倉は会議室で新しい犠牲者や

謎の祭壇を発見します。

 

再びマスクをかぶった

複数の敵が襲ってきました。

 

人気コミック「6000ーロクセンー」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「6000ーロクセンー」で検索!

 

6000ーロクセンー4巻-3|ネタバレ感想

 

正体不明の敵に襲撃されたCCRですが

作業員達は力を合わせて負傷者の

治療や犠牲者を探したりします。

 

 

ズラリとならんだ犠牲者の人数から

被害は大きいと分かりました。

 

 

CCRの隔壁や施設の一部も

破壊されていることが明らかになります。

 

 

鮫島はこの場所以上に安全な所はないと考えて

残りの者で必要な物資を集めようと指示します。

 

 

このあたりでリーダーの交代が行われたようです。

温から日下部が責任者を引き継いでいましたが

今は鮫島が実質的なリーダーです。

 

 

門倉は主人公ですが施設の

構造をそれほど知らないために

現場で動くことが合っているようです。

 

 

私が興味深いと思ったのは

このような事故や緊急事態では

施設を製造した立場の設計に

明るい人物が指揮を受け持つのが

最善なのだなということです。

 

 

この施設はどこまで安全性が

保たれるのかということは

やはり構造にくわしい人物しか

分からない部分がありそうです。
酸素の残量を計算したところ

最悪のケースではあと一週間しか

持たない事が伝えれて現場は動揺します。

 

 

手分けして残ったバッテリーや

食糧を集めるために作業員達は

施設内を探索しています。

 

 

会議室に入った門倉は新たな

犠牲者と祭壇を見つけます。

 

 

窓の外には無数の恐ろしい顔が

こちらを見ています。

 

 

一度は敵を撃退したとはいえ

またいつ再び襲ってくるか

分からない状況が続いています。

 

 

しかし必要な物資は

集めないとならないのです。

 

 

そのあたりのジレンマが

上手く描かれていると思いました。

 

 

6000ーロクセンー 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「6000ーロクセンー」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「6000ーロクセンー」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

6000ーロクセンー3巻-5【襲ってきたバケモノの正体は?】漫画ネタバレ感想

漫画『6000ーロクセンー』3巻を読みました。

ハーシュバックの部屋で

床に吸い込まれた甘粕と門倉は

細長い通路で目を

覚まし敵に追われます。

「6000ーロクセンー3巻-5【襲ってきたバケモノの正体は?】漫画ネタバレ感想」の続きを読む…