インフェクション4巻中間【新型保菌者の生体とは?】ネタバレあらすじ

漫画『インフェクション』4巻

作者:及川 徹さん

半沢と榎並を救出するために

天宮は奮闘します。

マンションのようなせまい通路で天宮は

 

インフェクション4巻中間あらすじ

 

正体不明の新型保菌者と闘います。

 

いったん避難した榎並の自宅で

半沢は保菌者に噛まれてしまいます。

半沢は残りの時間で協力すると申し出ます。

 

インフェクション4巻中間ネタバレ感想

 

漫画「インフェクション」4巻では

新型保菌者が出現します。

 

 

大きな赤ん坊のような形ですが

顔面はグロテスクです。

目が大きく歯並びが異常です。

 

 

その体は白い虫のようなもので

構成されていて多少のダメージでは

動きは止まらないようです。

 

 

これまでの保菌者はチカラが強いわけでも無く

知能が高いわけでも無いため

単独ならば簡単に対処できました。

 

 

ですが新型は大きな体が

クッションのようになって

打撃が効かないのです。

 

 

体を切断するにしても

太すぎて普通の武器では勝てないです。

 

 

ロープで縛るにしても大きすぎて

人間の手には余ります。

 

 

新型はマンションの階段や

高い所にも上ってくる

知能を持つのでやっかいです。

 

 

特に建物の廊下を

ムチムチと詰まりながら進む新型には

本能的な恐怖を覚えました。

 

 

加えて新型は鋭い爪が伸びるようで

射程距離が長いのです。

 

 

この爪のためサスマタなどで

数メートル離して動きを止めている間に

急所を攻撃するということが出来ない設定です。

 

 

騒動後七日間で

新型保菌者が出現したことからみても

進化が凄いスピードで起こっている

という仮説が自然でした。

 

 

軍隊や警察が

この地域に入っていない理由

少しづつ明らかにされて

とても先が気になりました。

 

 

もしかして地域を隔離して

実験場のようにされたのではと

想像してしまいます。

 

 

天宮を罠にはめる人物の存在も

描かれていて安全な避難地域が

一気に不安になりました。

 

 

天宮ひとりの命と引き換えに

軍隊を投入する方向へ動かすという

厳しい動機は悲しみさえ漂います。

 

 

インフェクション 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「インフェクション」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「インフェクション」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★