漫画『ミュージアム』を読んだ人の感想まとめ

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

漫画「ミュージアム」の犯人の恐ろしさにゾクゾクしました。カエルのような頭の男が

堤優一という被害者を拉致して拷問にかけます。

母の痛みを知れとばかりに

体の一部を切り取っていくシーンは鳥肌が立ちました。

 

漫画『ミュージアム』の感想【見せ方が上手い】

 

ノコギリで少しずつ切っていく感じで

酷い結末を予感させます。

 

こういうのは傷そのものは怖く無くても

精神的に想像してしまって恐怖を感じます。

 

被害者の境遇などを

刑事のセリフで説明するシーンは上手いなと思いました。

 

 

どうしても説明的なシーンになりがちな部分では

小物にフォーカスして

魅せるコマにしています。

 

 

長いセリフシーンの合間にタバコ

信号機、缶ジュース、などの日常の小物を描くことで

作品の世界から読者を逃がさない手法です。

 

 

初期の段階で刑事は

シリアルキラーの可能性を言っています。

これは正しい推測ですが

刑事の仕事は大変だなと思いました。

 

 

犯人の傾向を推測するだけでなく

追いつかなければ逮捕できないという意味です。

 

 

いくら犯人像を正確に推測できても

隠れている犯人を捕らえなければ評価されない職業です。

 

このあたりの悲哀を行間に読ませる上質な作品だと思いました。

捜査の手法も高いレベルで描かれている作品ですので

おすすめします。

 

 

無料試し読みはこちらから出来ます。

 

まんが王国はこちら>>

『ミュージアム』で検索すると出てきます。

 

漫画『ミュージアム』の魅力【感想】

 

「ミュージアム」は雨ガッパを着た犯人が連続殺人事件を起こし

刑事がそれを追うというストーリーです。

 

被害者が増えるにつれて

被害者同士の共通点が分かってきます。

 

 

同じ殺人事件の裁判を担当した

裁判員だったということです。

 

 

裁判員とは市民で構成された陪審員のようなものと考えて下さい。

裁判官も姿を消していることから

犯人はなんらかの恨みや復讐のために

裁判を行った人たちを襲っています。

 

 

現実の裁判では想像しにくいですが

マフィアがらみの組織犯罪ならば報復というのは簡単に想像できます。

 

 

ですから裁判員は

証人保護のようなシステムで

守らなければならないケースが出てくると思いました。

 

この作品の魅力は

捜査本部を巻き込んだ事件が

起きているということです。

 

主人公沢村の奥さんが行方不明で

被害者候補としてピックアップされています。

 

 

すでに犯人に襲われて命を落とした可能性もあるので

沢村としては引けません。

 

通常の捜査では刑事たちは必死に活動しますが

犯人が捕まらなくても自分に直接実害があるわけではないのです。

 

しかしこの事件では

捜査本部の同僚の奥さんに

被害が及んでいるという状況が設定されています。

 

 

読者は捜査側ですから

一気に他人事ではなくなるという

感覚を味わえます。

 

まんが王国はこちら>>

『ミュージアム』で検索すると出てきます。

 

 

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>