累(かさね)【主人公の理屈を越えた魅力とは?】あらすじと感想

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

スポンサードリンク



松浦だるまさんの『累(かさね)』を読みました。

大女優であり

絶世の美女と言われた母を持ちながら

その子供の顔は醜く

残酷な幼少期を送っていきます。

 

漫画『累』の魅力とは?【感想】

 

漫画『累かさね』の魅力は

主人公である累の理屈を超えた魅力にあります。

 

 

主人公である累は

己の顔にコンプレックスがあるので

魔法の口紅を使って綺麗な顔を手に入れ

それで美人女優として生活しているのですが

 

 

私から言わせれば、

美人女優の累は炭酸の抜けたコーラのようなものです。

 

この漫画の本当の魅力

主人公でありヒロインである

 

累の本当の魅力は

その素顔の方にあります。

 

 

彼女の素顔は

お世辞にもかわいいとは言えない顔なのですが

劣等感と狂気を持っている彼女の顔は、

どこか理屈では語れない魅力があります。

 

 

世の中の全てを恨んでいるかのような目つき

そのまがまがしいオーラ

まさに闇の女の風格を全身から漂わせている累は

綺麗とか醜いとかいう次元を突き抜けた

不思議な魅力を持っています。

 

 

累本人は、自分の素顔を化け物の顔として全否定していますが

私は、むしろそちらの顔をしている累に

魅力を感じてしまいます。

 

 

美人女優の顔をした累は

その辺の漫画によくある普通のキャラという感じですが

素顔の累は、一目見たら忘れない、闇の魅力があります。

 

 

どう考えても、前者より後者のほうが素敵です。

醜くも美しい、不思議な女性である累

 

この累というキャラこそが

この漫画の核心であり、キモなのです。

 

 

その意味でこの漫画は

累のキャラクター性あっての漫画だと言えるでしょう。

 

 

まんが王国で無料試し読みが出来るので

読んでみてください。

 

まんが王国はこちら>>

『かさね』で検索すると出てきますよ。

 

 

 

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>


2016年10月10日 累(かさね)【主人公の理屈を越えた魅力とは?】あらすじと感想 はコメントを受け付けていません。 累(かさね)