祕十村(ひじゅうむら)8話【呪いの箱とは?】漫画ネタバレ感想

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

スポンサードリンク



入ってはいけない村
>>今すぐ無料試し読みする<<

>>7話のネタバレはこちら<<

タイトル 祕十村(ひじゅうむら)
作者 宗方馨 白輝蓮
配信サイト コミなび
最新巻 2巻(19話)

 

 

呪いの箱のエピソードが

とても恐ろしかったです。

 

 

祕十村(ひじゅうむら)8話【呪いの箱とは?】ネタバレ

 

 

神殿の地下では近藤政樹

石川祐輔古文書を

解読する作業をしていました。

 

 

膨大な量の書物の中から

敵や村の情報を探すことを

彼ら二人が担当しています。

 

 

拓哉とシゲは二人から

様々なことを知ることが出来ました。

 

 

まず覇の子は七人いて

呪詛の強弱により

序列が決まっています。

 

 

彼らの体内には

呪いの箱があり

その正式名称は口に出しては

いけないのです。

 

 

呪術の中には

見たり聞いたりしただけで

災いが起こるという話を

私は聞いたことがあります。

 

 

その箱は子供の血肉を入れたもの

パワーに差がありあす。

 

 

特に八人分の血肉を入れたものは

ハッカイの呪いとして

世界を滅亡させることができる

と言われています。

 

 

にわかには信じがたい

言い伝えですが

禍々しい負のパワーを

持つことだけは信じられました。

 

 

ここで未希のこれからの運命

考えてしまいました。

 

 

未希は妊娠させられ

非情にも子供は奪われます。

 

 

そしてその赤子の血肉が

呪いの箱に入れられ

八人分の箱が出来上がるのです。

 

 

これでハッカイの呪いを行う準備が

整うと思いました。
古文書には村の地下胴の

地図がありました。

 

 

地図を使えば敵の本拠地に

侵入できるのですが

村外へ脱出も出来そうです。

 

 

彼らの今後の行動が気になりました。

 

 

祕十村 8話【祐輔の発言にイラッ】感想

 

 

祐輔は見た目はデブでメガネで

女子にはモテなそうな風貌をしている

仲間の一人ですが

 

 

拓哉が美希を助けたと

言った時の祐輔の発言が

ありえませんでした。

 

 

またひとつ仕事が増えたなァ

それでなくても資料もなしに

個展を解読しているのに

 

脱出方法に覇の子の対策に

美希の救出なんてねぇ〜

 

 

その話をしている時の

祐輔の顔が

マジで殴りたくなる顔しています!!

 

 

直後にシゲに

殴られていますが…

 

 

元の原因が自分たちにあることを

完全に忘れている発言ですね。

 

 

>>9話のネタバレはこちら

>>まとめページはこちら

 

祕十村 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「祕十村」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「ひじゅうむら」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

 

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>


2017年3月28日 祕十村(ひじゅうむら)8話【呪いの箱とは?】漫画ネタバレ感想 はコメントを受け付けていません。 祕十村