祕十村(ひじゅうむら)4話【唯一の安全地帯】漫画ネタバレ感想

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

スポンサードリンク



入ってはいけない村
>>今すぐ無料試し読みする<<

>>3話のネタバレはこちら<<

タイトル 祕十村(ひじゅうむら)
作者 宗方馨 白輝蓮
配信サイト コミなび
最新巻 2巻(19話)

 

森の結界の強さに

驚かされました。

 

この結界は人間だけでなく

電波すらも遮断しているようです。

 

 

祕十村(ひじゅうむら)4話【唯一の安全地帯】ネタバレ

 

 

消えた仲間を探しに行った

拓哉たちは森に潜む

足刈から逃れるために

必死で逃げています。

 

 

舞の情報では

この先に村があります。

 

 

その神殿から

携帯電話が使えるようです。

 

 

消息不明の仲間は

その村を拠点にして

今まで生き残っていたということです。

 

 

悪鬼ばかりの森の中で

安心できる避難場所のような村

彼らは向かっています。

 

 

後ろから足刈のカマが

彼らを襲いましたが

 

 

突然シゲが現れて

木の枝で敵に応戦しました。

 

 

彼らはこのようにして

今まで森の中で生き残ってきたのです。

 

 

シゲは不完全な電話連絡で

拓哉に助けを求めていました。

 

 

警察などの大規模な救助を

期待していたシゲは

ガッカリしていますが

 

 

電話がつながれば

何とかなりそうです。

 

 

村の神殿までたどり着き

救助要請で終わりです。

 

 

ここで考えさせられたのは

この森の結界がどの程度かです。

 

 

警察や救助隊すら

立ち入らせない結界であれば

彼らは永遠にここに

閉じ込められてしまいます。

 

 

ついに彼らは

崖下に祕十村を見下ろせる場所まで

逃げてきました。

 

 

私が不安に思ったのは

崖下に降りて再び

上がって来れるかどうかです。

 

 

舞が神殿から来たので

杞憂かもしれないですが

作品の雰囲気に影響されて

嫌な想像ばかりしてしまいました。

 

 

祕十村 4話【16年前の回想がウケる】感想

 

回想ではシゲと拓哉の

昔の話が出て来ますが

 

 

まだ小学生だった拓也は

神社でサッカーをするために

場所取りをしていたのですが

 

 

その場所を中学生が

独占してしまいます。

 

 

小学生の分際で!

 

そういって拓哉を

蹴ったところで

颯爽と現れたシゲが面白すぎです。

 

 

サンダーボルトキィィック!!

 

そう言いながら

中学生にドロップキックを

おみまいしています。

 

どの辺がサンダーボルトなのかは

わかりませんが

子供っぽい名前の付け方に

ほっくりしてしまいました^^

 

 

>>5話のネタバレはこちら

>>まとめページはこちら

 

祕十村 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「祕十村」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「ひじゅうむら」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

 

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>