祕十村(ひじゅうむら)3話【無シ人、足狩の正体】漫画ネタバレ感想

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

スポンサードリンク



入ってはいけない村
>>今すぐ無料試し読みする<<

>>2話のネタバレはこちら<<

タイトル 祕十村(ひじゅうむら)
作者 宗方馨 白輝蓮
配信サイト コミなび
最新巻 2巻(19話)

 

 

無シ人(ナシビト)や足刈(アシカリ)などの

敵キャラクターの名前や

姿が魅力的でした。

 

 

生態なども理にかなっていて

とても興味深いです。

 

祕十村(ひじゅうむら)3話【無シ人、足狩の正体】ネタバレ

 

 

森の中で襲われた

拓哉と未希は

舞に助けられます。

 

 

彼女は子供の頃から

巫女をしていたようで

化け物に対抗する

呪文を唱えました。

 

 

このあたりで

戦闘のルールのようなものが

見えてきて良かったです。

 

 

まず敵は霊感の無い未希にも

見えている実体だと思われます。

 

 

そして護符など霊的なアイテムで

火傷のようなダメージ

負わすことが出来ます。

 

 

しかし敵の数が多いので

囲まれると不利になります。

 

 

そこで彼らは逃げることを

優先して戦うことになっています。

 

 

舞は森の奥の

祕十村にある神殿で

化け物の特徴を知りました。

 

 

彼女によれば

はい回るミイラのような者たちは

無シ人と呼ばれ

人間が悪鬼になったものです。

 

 

そして包帯のカマ男は

足刈という処刑人です。

 

 

ここで面白かったのは

足刈と無シ人の関係です。

 

 

足刈によって足を失い

無シ人によって目を失った人間が

新たな無シ人となるわけです。

 

 

つまり結界に立ち入った人間が

供給される限り

無限に増えていくことになります。

 

 

さらにまだ覇の子という

正体不明の敵まで潜んでいます。

 

 

 

祕十村 3話【ドキドキする設定】感想

 

 

いずれも物理攻撃が

効かないような風貌をしていると

感じました。

 

 

いまのところ拓哉たちの武器は

巻護符と舞の呪文だけになります。

 

 

敵を倒す方法がまだ分からない

というドキドキする設定は楽しめました。

 

 

>>4話のネタバレはこちら

>>まとめページはこちら

 

祕十村 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「祕十村」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「ひじゅうむら」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

 

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>


2017年3月27日 祕十村(ひじゅうむら)3話【無シ人、足狩の正体】漫画ネタバレ感想 はコメントを受け付けていません。 祕十村