祕十村(ひじゅうむら)2話【呪詛って何?】漫画ネタバレ感想

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>

スポンサードリンク



入ってはいけない村
>>今すぐ無料試し読みする<<

タイトル 祕十村(ひじゅうむら)
作者 宗方馨 白輝蓮
配信サイト コミなび
最新巻 2巻(19話)

友人たちを探しに

入ってしまった森の中

 

入ることはできても

出ることができない

不思議な結界が貼ってあります。

 

 

そしてその森には

拓也がぞっとするほどの

呪詛がうごめいていました。

 

 

祕十村(ひじゅうむら)2話【呪詛って何?】ネタバレ

 

 

 

地面を這いまわる呪詛

強く印象に残りました。

 

 

友人を探しに森に入った

未希と拓哉は

長髪のミイラのような者に襲われました。

 

 

この呪詛は目玉を

欲しがっているようなセリフを

言っています。

 

 

ホラー作品には

外見は恐ろしくても

気は優しい味方になる者もいます。

 

 

霊だとしても

単純に遊びたかったりするだけの

無害な者もいます。

 

 

しかしこの呪詛は

体の一部を欲しがるという

明らかに恐ろしい目的を言っています。

 

 

このまま捕まれば

本当に目玉をくりぬかれてしまう

怖さを感じました。

 

 

拓哉の持っていた巻護符の力で

二人は逃げ出しました。

 

 

霊が見えるのは

拓哉だけですので

未希が呪詛を見ているかは不明です。

 

 

私はここでそもそも呪詛とは

何かということを考えました。

 

 

まだ実体なのか

霊体なのかも分からない状態です。

 

 

この森に入る前は

拓哉は全く何も感じないと

言っていましたが

 

 

結界を入り森の深部に行くにつれて

強い呪詛を感じています。

 

 

やはりあの電柱のような結界は

呪詛を封じ込めるための

物だったのです。

 

 

彼らが一度入ると

出ることが出来なかった

理由にもなっています。
呪詛に囲まれた二人の前に

新たな敵が現れました。

 

 

大きなカマを持った

包帯の男です。

 

 

問答無用でカマを振り下ろす

男を前にして現場はパニック状態に

なっています。

 

 

祕十村 2話感想

 

最後の出て来た鎌の包帯男は

かなりの怖さを感じます。

 

 

絵の書き方がうまいのか

独特なのか

グラフィック要素が入っていて

立体的に描かれています。

 

 

『ガンツ』などで

描かれていた感じの書き方なんでしょうか?

 

 

現状が把握できない状態で

いきなりピンチに追いやられる

様子は見ていて

ドキドキハラハラさせられますね。

 

 

>>3話のネタバレはこちら

>>まとめページはこちら

 

祕十村 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「祕十村」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内「ひじゅうむら」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★

 

 

期間限定期!!漫画を完全無料で読む方法

ただいま期間限定で電子コミックを無料で読むことができます。

きちんと正規のサイトで行う方法なので
ウイルスなどの心配はありません。

期間限定の方法なので
まだ使っていない方は
一度だけ使うことができます。

方法は簡単【U-NEXT】というサイトを使うだけ

無料登録の特典として600ポイントをもらえ
そのポイントで漫画を読むことができます。

【U-NEXT】詳しい説明はこちら
U-NEXT<ユーネクスト>